カテゴリ: 観劇の話

天神です。
9月ですね。1年ってあっという間に過ぎるなーって思う今日この頃。先日情報公開したえみてんの公演に向けてゆっくりではありますが着実に準備をしています。公演に関しての内容は公式HPから参照下さい。

公式HPはこちらから

さて、先週の土曜日は劇団P.O.Dの記念公演を観劇して来ました。
まずは30周年おめでとうございます。
劇団を継続するってのは本当に大変な中で30年。素直に凄いことだと思います。最近では新人も順調に入っているようで、これからのP.O.Dが更に楽しみですね。
今回の公演でも俺が知らないだけかもわからないですが、初めてみる若手が出演していて。なんだかいいなぁという気持ちが芽生えました。

前に一度見ている役者も確かな成長を感じ取れて、若手もイキイキと芝居を楽しんでいる様が、とっても輝いて見えたってところですかね。
きっとこれから、キャパオーバーになったり、壁にぶつかったり、色んな事があると思うけどその事で演劇を遠ざけたりはしないでほしいなぁと思います。

公演の内容はとっても軽快で楽しい戯曲だなと思いましたよ。色んなキャラクターが出て来てそれぞれに見せ場もある。万人に受ける作品だと思います。
だからこそ若手にはもっとエネルギーを出して欲しかったなあという惜しさを感じました。
会場のウイングウイングは間口が広いホールで、パワーがないと客席の奥までは届かないと思います。
自分では精一杯やってるつもりでもことの外届いてなかったり、自分にも経験があるのでよくわかりますけど生声でホールの芝居は難しいと思います。マイクや完璧な音響設備などがあれば話は別ですが、ちょっとした拡張だと音響スピーカーに負けちゃうし声に合わせると、せっかくのオリジナルのBGMが生きない。これは場当たりなどでバランスを整える事が必要なのですが、なかなか難しいという問題もあるでしょう。
俺もホールでやる時はめっちゃくちゃそこに時間をかけています。そこで必要なのが演者のエネルギー。声の大きさももちろん、一人一人が存在する力を持たなくてはならないと思います。舞台に上がれば、初舞台も、ベテランも一緒です。とにかくエネルギーの発散が見たい。セリフが多少何言ってるかわからなくても、若手の爆発的なエネルギーって言うのは伝わります。俺が!私が!この音楽を引き出してる!みたいな勢い。演劇関係者ではない一般のお客様はそれだけ感動するはずです。小手先の事を得るのではなく、まずは爆発する事からスタートして徐々に抑えていけばいい、P.O.Dの若手のお芝居は最低限それがあってほしい。勝手な希望ですが。ベテランと勢いのある若手がうまく、合致すればもっともっと面白い劇団になると思います。ベテランはうまさを、若手はエネルギーと華を。今回も面白かったですがこれから先コレがP.O.Dだ!みたいな作品をコレからもどんどん作って言ってほしいと思いました。

また見に行きます。

そしてえみてんも、頑張りますよ。

楽しみにしてください。


こんにちは、のとえみです。

劇団P.O.D.さんの創立30周年、第50回公演「スケッチブック・ボイジャー」を観にいってきました。
P_20180902_133155_BFのコピー
ふふふ。P.O.D.さんは当日運営スタッフさんが沢山いらっしゃって、とても丁寧に対応していただきました。

30年もの長い間、演劇を続けて来ておられるというのは本当に凄いなぁと思います。そして、世代も変わっていく中、演劇が好き、P.O.D.さんが好きという方々が続いていっているというのは嬉しいことです。

今回の「スケッチブック・ボイジャー」は、私も好きな、演劇集団キャラメルボックスさんの初期の頃の作品です。再演等もされています。漫画の世界と、漫画を描いているのはら、編集者の諸星の現実を行ったり来たりする、演劇的、キャラメルっぽさが詰め込まれた作品です。
新しく入団された方も沢山いらっしゃって、真っ直ぐにお芝居をされているのが、キャラメルボックスの作品にもとても良くあっていました!

そして、終演後にお写真を一緒に撮ってもらいましたよ!
お題は「作品の中で演った(あるいは出てきた)好きなポーズ!」
P_20180902_160407のコピー
編集者・諸星役の門口さんは、漫画家のはらさんを訪ねた時のチャイムを押すシーンから!
「のはらさーん!いるんでしょー!」
(※のとえみはピッキング中)

P_20180902_160619のコピー
タイタンの王女、夕顔役の南市さんはP.O.D.さんの期待の新星☆ミ 銃を構えるシーンが好き!ということで、背中合わせで!

また、公演にはえみてん12月公演の仮チラシも折り込んでいただきました。
P_20180902_134415のコピー
天神さん渾身の手書きチラシ!水野美紀さんが主宰するプロペラ犬という劇団さんがあるのですが、そこは水野さんが手書きする仮チラシが名物なんだとか。そういうのに憧れていましたよ~!

また、えみてんからのお祝い、差し入れも。
P_20180902_133509のコピー
スペースに乗り切らないくらい沢山の差し入れが置かれていました。P.O.D.さんが築いてこられたみなさんとの関係が素敵だなぁと思いました。


公演がひとつ終わると、えみてんの公演が近づいてくるな~という実感がじわじわと。色んなお芝居が県内にはあります。来週は血パンダさんも公演されますね。えみてんの公演も詳細を発表していますので、ご予約をお忘れなく!

公式web emi-ten.com
★チケットご予約はこちらから!

★メッセージ動画もアップできたらいいな~

★稽古の様子など、最速の情報はこちらをフォロー!

★えみてんふたりのコメントなどはブログに詰め込んでます

★インスタ始めました!えみてんのオフショットなど!

こんにちは、のとえみです。

P_20180721_184008_BFのコピー

先日、劇団すばるさんの公演「露出狂」を観劇させていただきました!
すばるさんは団員さんも多く、役者さんのレベルも高いので、登場人物が多い作品でも軒並みクオリティの高い作品に仕上げられるのが強み。客席もお客さまでいっぱいの県内人気劇団さんなのです。

「露出狂」は、演劇部の高校生にも人気の劇団(http://gekibu.com/archives/1257)、柿喰う客さんの作品です。作、演出の中屋敷さんは高校演劇出身。以前、石川にもツアーで公演に来ておられました。結構独特の演出だったり、役者さんもパワフルかつ繊細な方が多いように思います。

そんな柿喰う客の作品をすばるさんが!しかも、登場人物は全員女子高生!もちろん役者さんたちは高校生ではないですし、ましてや女子でもない人が!(笑)ですが、観ていると全員、どの役も女子高生に見えるから不思議!最終的には「カワイイ!」という感想が出てきます(笑)すごいです。

みなさんとても楽しそうで、こんなに沢山演劇を楽しんでいる方がいるんだな~と思うととても嬉しかったです!!

秋頃からは県内のアマチュア劇団の公演が続々と続くみたいなので、今年も芸術の秋は観劇で決まりですよっ!

演劇ムーブメントえみてん のえみの方、のとえみです。こんにちは.。゚+.(・∀・)゚+.゚

P_20171224_183910のコピー

12月24日のクリスマスイブ、び~めんぷろじぇくとさんのお芝居を観劇させていただきました!お客様もいっぱいで、客席が増やされるほどの盛況ぶりでした。県内の劇団関係者さんも多く、注目度が高いなぁ!と思いました。凄いです。

谷崎潤一郎の「秘密」を原作とした一人芝居。大学時代に、梶井基次郎らの時代の文学についてはほんの少し...小指の先くらい触ったことはあったのですが、谷崎潤一郎作品の言葉の美しさには目を見張るものがありました。その言葉の美しさや、谷崎のえがくじっとりとした独特の空気感を知ることもできたなぁと思いました。この時代の文学、割と好きかもしれません。また、風鈴の舞台美術、演出も音色の美しさが際立つなぁと思いました。

言葉の美しさばかりが際立って、その裏にある男や女の本物に迫る感情や起伏があまり感じられなかったのは残念でしたが、び~めんさんの公演を観て、谷崎作品の美しさを知るきっかけになったのはとても素敵な体験ができたなぁと思いました!

のとえみの生の舞台観劇はび~めんさんが観劇納めになりました。来年も沢山の県内劇団さんの作品に出会えるのを楽しみにしています!わたしも全力で走るぞー!!



こんにちは、天神祐耶です。

ディップデップドップ!

観劇してきましたよー。

演人全開 血が滾ってきたぜ!
「Dotch!?」

見る前からなんかこの作品見たことあるかもしれないもしかしたら見たことあるかも!なんて思ってたのですが。

いざ開演して、

やっぱ見たことあるやつや!ってなりました。13年前の初演ですね。

シーンが進むたびに、お!そうそう!なんて思いながら楽しく観る事がでしましたよー。
その中であ、ここ前と違うなってのがいくつもあって、案外覚えているもんだなーなんて自分を褒めたりして(笑)

多分それは初演を観た時も、よくかけてる台本だなーと、関心したからだとおもいます。当時の印象はやたらと力押しでテクニックとか云々よりも、いかに面白くやるかみたいな印象でした。しかし今回それは全然違っていて、勢いの中にもしっかり落差なんかがついていて話の内容がよりわかりやすく感じました。

個人的には目に見えて、劇団としての成長や進化が感じられる公演だったと思います。

今回は途中演目が変わり、短い時間でよくぞここまで仕上げたなと感動しましたよ。そんな中しっかりと役割をこなしていたP.O.Dの門口さんと浜口くんも堂々たる演じっぷりでしたね。

こういうピンチってみんなのベクトルが同じ方向に向いてないと乗り切れなかったりしますよね。だけど結果はステキな作品になった。それはやはり血が滾のメンバー一人一人が成功に向けて進んだ結果ではないかと思います。

同年代の集団がこうやって、頑張るのを観るとおれもなんか面白いヤツやりたいなー!なんてすごく刺激になります。

笑いありしっとりありの誰もが楽しめる公演。これってほんと難しいんですよ。こういうのみんなが簡単にやりたがるけど、違うから、長い年月を培ってきたからこその面白さだから。続けてきたから今が面白い、おれはそう思います。

えみてんもこうやってお客さんに愛される集団にしていきたいですね。そのためにはまず作品。


いや


考えてますからちゃんと



ちゃんとね。ふふふ。


とういうことで、血が滾の皆様、客演のお二人。おつかれ様でした!次もまた期待しています!









↑このページのトップヘ