カテゴリ:メンバーのあれこれ > 天神祐耶のはなし

劇団P.O.D.さんが配信しておられる、
「劇団P.O.D.キャスティング」にえみてん主宰の天神祐耶がゲスト出演しております。全2回配信予定です。

10月23日ネットラジオ配信 vol.430
演劇ムーブメント「えみてん」天神祐耶さんに波乱の演劇体験を聞く1/2回!!
http://pod-world.jugem.jp/?eid=2383

P.O.D.キャスティング進行の安田1号さんは根掘り葉掘りパーソナルな部分を突っ込んでお話を聞いていかれる方なので(褒めてます)、天神さんがどんなお話を引き出されているのか楽しみですね。

天神さんのパーソナルな部分をじっくり聴ける機会もなかなかないのでは?と思っているので(のとえみがBlogとかSNS大好きなので色々発信しすぎゆえに...。)、えみてんの公演の前に天神さんの人となりをぜひ聴いていただきたいなと思っています!


そして、興味を持たれた方は、天神さんが演出される世界観を実際に観に来て下さいね!


1537191861452

=======================================
演劇ムーブメントえみてん 2018年公演
「うそつき」
作 広田淳一(アマヤドリ)
演出 天神祐耶

とある町のガソリンスタンド。
「カルタゴ・ノヴァ」と呼ばれるその店は
ナイルとスランプが営んでいる。
そこへ板垣という男が、ギーコを訪ねてやってくる。
しかし、ギーコは板垣という男は知っているが、
その男には見覚えがないという。

顔を見合わせる3人だが、
板垣を名乗る男は何事もないように日常に溶け込んできて......。

本当と嘘が絡み合う 90分の会話劇。

=======================================

◆公演日時
2018年

【プレビュー公演】※
12月7日(金)20:00

【一般公演】
12月8日(土)14:00
12月8日(土)19:00
12月9日(日)14:00

◎開演は開場の30分前、受付は60分前より
◎日時指定・全席自由
◎未就学児はご入場いただけません

※プレビュー公演については、公式web(emi-ten.com)をご参照ください。

◆キャスト

天神祐耶
のとえみ
中島亮(桜舟剣遊会)
槙(劇団すばる)

◆会 場

黒部市国際文化センターコラーレ
マルチホール
富山県黒部市三日市20
TEL 0765-57-1201

◆チケット

【プレビュー公演】
一般 1,000円
高校生以下 500円

【一般公演】
一般前売券 2,000円
一般当日券 2,500円
高校生以下 1,000円

◎プレビュー公演、高校生以下チケットはweb予約フォーム(emi-ten.com)からのみお申込みいただけます。

◎一般公演・一般チケットのみ半券をお持ちいただくと、半500円引で観劇できます。
(高校生以下チケットはリピーター割の適応はありません。)
◎高校生以下のチケットについては当日受付にて学生証等の証明書をご提示ください。

◆予約フォーム

http://emiten.s17.valueserver.jp/emi-ten.com/ticket/

◆協力

劇団フロンティア
桜舟剣遊会
劇団すばる

◆後援

富山シティエフエム
新川コミュニティ放送
みらーれTV
北日本新聞社

◆SNS等

公式web emi-ten.com
Facebook https://www.facebook.com/move.emiten
Twitter https://twitter.com/emtntym
Blog http://emtn.blog.jp
Instagram https://www.instagram.com/engeki_movement_emiten

天神です。
9月ですね。1年ってあっという間に過ぎるなーって思う今日この頃。先日情報公開したえみてんの公演に向けてゆっくりではありますが着実に準備をしています。公演に関しての内容は公式HPから参照下さい。

公式HPはこちらから

さて、先週の土曜日は劇団P.O.Dの記念公演を観劇して来ました。
まずは30周年おめでとうございます。
劇団を継続するってのは本当に大変な中で30年。素直に凄いことだと思います。最近では新人も順調に入っているようで、これからのP.O.Dが更に楽しみですね。
今回の公演でも俺が知らないだけかもわからないですが、初めてみる若手が出演していて。なんだかいいなぁという気持ちが芽生えました。

前に一度見ている役者も確かな成長を感じ取れて、若手もイキイキと芝居を楽しんでいる様が、とっても輝いて見えたってところですかね。
きっとこれから、キャパオーバーになったり、壁にぶつかったり、色んな事があると思うけどその事で演劇を遠ざけたりはしないでほしいなぁと思います。

公演の内容はとっても軽快で楽しい戯曲だなと思いましたよ。色んなキャラクターが出て来てそれぞれに見せ場もある。万人に受ける作品だと思います。
だからこそ若手にはもっとエネルギーを出して欲しかったなあという惜しさを感じました。
会場のウイングウイングは間口が広いホールで、パワーがないと客席の奥までは届かないと思います。
自分では精一杯やってるつもりでもことの外届いてなかったり、自分にも経験があるのでよくわかりますけど生声でホールの芝居は難しいと思います。マイクや完璧な音響設備などがあれば話は別ですが、ちょっとした拡張だと音響スピーカーに負けちゃうし声に合わせると、せっかくのオリジナルのBGMが生きない。これは場当たりなどでバランスを整える事が必要なのですが、なかなか難しいという問題もあるでしょう。
俺もホールでやる時はめっちゃくちゃそこに時間をかけています。そこで必要なのが演者のエネルギー。声の大きさももちろん、一人一人が存在する力を持たなくてはならないと思います。舞台に上がれば、初舞台も、ベテランも一緒です。とにかくエネルギーの発散が見たい。セリフが多少何言ってるかわからなくても、若手の爆発的なエネルギーって言うのは伝わります。俺が!私が!この音楽を引き出してる!みたいな勢い。演劇関係者ではない一般のお客様はそれだけ感動するはずです。小手先の事を得るのではなく、まずは爆発する事からスタートして徐々に抑えていけばいい、P.O.Dの若手のお芝居は最低限それがあってほしい。勝手な希望ですが。ベテランと勢いのある若手がうまく、合致すればもっともっと面白い劇団になると思います。ベテランはうまさを、若手はエネルギーと華を。今回も面白かったですがこれから先コレがP.O.Dだ!みたいな作品をコレからもどんどん作って言ってほしいと思いました。

また見に行きます。

そしてえみてんも、頑張りますよ。

楽しみにしてください。


こんばんは天神です。

いやぁ



ごぶたさですね。3月のはだしの青春が終わってからというもの、ツイッターもFacebookもほとんど構わず気がつけばもうこんな季節ですよ。

ほんとは公演後にはだしの青春の振り返りなんかをやりたかったんだけど、虚脱感に襲われまして全く何も手がつかない状態だったのです。

書いては消し、書いては消しです。

それだけはだしの青春でエネルギーを使ったのか体力不足なのか自分でもよくわからないのだけど、今まで公演後こんなことなかったもんで自分自身戸惑っています。

この投稿をきっかけに、また元気にやっていき
たい所存でございます。

はだしの青春のことも今更ながら書いていきたいなと思ってますので、どうぞよろしくお願いします。

今日は今からえみてんの1回目の公演の打ち合わせですよ!

公演やります。12月に。

そのことを考えると震えますが常に頭の中にある状態です。

色々なことをやるのではなく目の前の公演を作り込んでいきたいですね。
IMG_6607

こんにちは天神祐耶です。

皆さま今年はどんなお正月を過ごしましたか?

自分は年末にやってしまった足首の怪我を全力で治すため餅を14個ほど食べました。

しかしながらそれに追い打ちをかけるかのごとく、正月から眉横からの流血という残念ぷりを発揮して今年も頭から絶好調です。

足やった時の、のとえみからのプレッシャーを乗り越えた矢先の出来事で、もはや怖いを通り越して、今や悟りの心境です。人間だもの。

この経験を踏まえてではないですが、どうやら自分は12月にドーンと気持ちが下がるってことに気がつきました。よろしくないですね。よくよく考えると、毎年そんな感じなのかもしれません。

眉間に皺を寄せすぎて、自分から深いところに行ってしまい、結果良くないことになる。それが12月に起きる。
まだ早いですが、今年の12月はそんなことがないように、最後まで笑って過ごせるようにしていきたいですね。

稽古が毎回楽しいのは唯一の救いです。

作品のゴール地点は始まった段階で大体想像つくのですが、今回はより良いものになりそうです。

さあ稽古をしよう。



こんにちは

天神祐耶です。

師走らしい師走を過ごしています。
外に出るとなんだか皆慌ただしそうで年末感満載ですね。

今週末いよいよ稽古が始まります。
個人的には一年ぶりの舞台ですね。寒さも相まって身が引き締まる思いです。

今回は出演キャストが5名。みんなの宅配便の稽古場以上に賑やかな稽古になりそうです。
のとえみを始め、劇団フロンティアから佐藤潤子、岸本美佳そして現在はフリーで活動中の紋川あゆみ、それと自分を含めたこの5人で皆様を昭和の時代にひきこむ予定ですので、楽しみにしてくださいね。

この個性的な出演者を使って芝居を作れるなんてなんて楽しみなのでしょうか。いまからあんな事やらせよう、こんなのはどうだと悶々とする毎日(笑)

どうせやるなら各々自分の殻を破らせたい。演出する上でいつも思っている事です。
演劇はほぼ1人では作れませんよね。だからお互いがお互いを理解し、1つの作品を作る。それ以上でも以下でもない。作品を作る上で求めるのは作品に対する思いと謙虚さ、自分自身を隠さない事。これだけです。

稽古を始めるにあたって心配なのは雪と風邪ぐらいなもんで、後はなーんにも不安要素はありません!

えみてんの事も同時に動いています。今年はまだ終わってませんが、来年も忙しくなりそうです。

公演に向けてトレーニーになる時が来た!

時は来た。それだけだ。

↑このページのトップヘ