カテゴリ: そうだ、演劇をしよう

いつの間にか2020年も3月にはいってました。
こんにちは、天神です。

2020年といえば、うそつきの時に私が次回は2020年を予定しておりますとか宣言していたわけですが、今のところ公演予定はありません。

というのも我々えみてん、富山出身の俳優、西村まさ彦さんが主催するW.V.A 西村まさ彦表現研究所にて、演技講師を務めています。

一期生のオーディションに合格し、これから俳優を目指し学びにきている受講生たちを相手に講師として奮闘の日々を過ごしております。
芝居や演劇を教えるという事は非常に奥深く難しいものですね。一方的にならず、モチベーションを下げさせず、一つ一つ成長を感じさせていかなくてはならない。教えている側も伝える方法を確立し言葉として伝えなくてはいけないわけです。
曖昧な言葉は本当に伝わらないから、自身の持つ知識を整理して、新しい知識を入れる。毎日が勉強です。
えみてん公演を我慢する事に大変ストレスを感じることは勿論ありますが、この1年が我々を1つ上の段階に押し上げ、次回公演に活かせることを信じています。

今世間は大変なことになっていますね。演劇界も、充分な煽りを受けていると感じます。毎日SNSやネットニュースを見ているとほんとに憂鬱な気分になります。相次ぐ公演中止、世間の演劇への考え方、毎日いろんな情報が入ってきます。
誰が悪いわけではないですが、責任を問うならば根本的な別の場所にあると思います。
なんだかうまいこと言えないですけど。

今、考えてる事はたっくさんある。でもそれを表に出さない憂鬱。一個だけ、表に出すならば今起きている事も糧にしてこれからも演劇やるしかないんじゃないですかね。
絶対的に仕方がない事ってあるとおもうからさ。





早いもんで11月ですよ。

今年は途中から年号が変わったりして尚更時間の経過が早いなあなんて思う今日この頃。

天神です。

さて今日は8回目のTEGCです。
今回は前回同様、大王の楽しい戯曲をテキストに読み合わせです。えみてんの公演はガッツリとした会話劇でしたが、このTEGCではいろいろなジャンルの戯曲を読んでいます。
少人数の芝居から大作、大騒ぎの作品から静かな作品、暗い作品から明るい作品まで区切りなく。
前回は経験の豊富なベテランと初めて戯曲を読んだような若手を一緒に読ませてみました。
最初は緊張と戸惑いで、声もでない状況だったのが、ベテランに引っ張られ自分なりの精一杯で読み合わせに真剣に向き合ってました。彼らはこれから乾いたスポンジの様にどんどんいろんなことを吸収していくんだろうな。
自分もだいぶひたひたのスポンジですが見習っていきたいですね。

TEGCでは基本女性がたくさん出てくる戯曲を読むということもあって、役がない場合は簡単な演出をつけたり役を振ったりしているわけですが、いやぁこれが結構疲れる。

個人的なテーマとして実際芝居を共に作ったことがないメンバーでの読み合わせは、とにかく短い時間でメンバーの持っている質を見ながら適切な言葉を伝えるということ。
夢中になって稽古が終わった後はぐったりしながら反省ばかりしています。なかなか難しいもんです。家に帰ってからも頭は冴えちゃって夜更かしもしちゃうのはご愛嬌。

しかしながら伝えることから逃げずにやっていきたいですね。
熱には熱を。です。

今日もどんなメンバーが集まるか楽しみにしながら稽古場に向かうとしましょう。

天神です。

本日は5回目のTEGCの稽古です。
前回は今使っている台本を初読みのお二人に読んでもらいました。
読み合わせの後の感想戦はとても面白いですね。女性ならではの目線の感想はホントタメになる。

色んな劇団の女優がTEGCの稽古に来てくれる事は毎回嬉しい限りです。
稽古を通して、なにかを持ち帰ろう、学ぼうと言う姿勢はきっと今後役に立つ事だと思う。稽古には色んなあり方があるけれどもその中には自分自身に明確な意図がないとならないと思っている。公演の為、課題を克服する為、新しい環境での刺激を求める為とかね。
ホスト役としてはお土産を渡してなんぼだと思っているから、伝えたいことは全て伝えようとはおもっている。

公演をするわけでもないのに集まってもらっているわけで、それならば普段やらないような演技をしたり、自分で思った事をやってみる。そしてそれを皆で話し合う。そんな小さな挑戦ができる場所でありたいものです。

見学も大いに結構です。見学に来たのにちょっとやってみる?みたいな事はいいません。
稽古を見て感想を参加したみんなで話しましょう。

基礎練みたいな事もやってもいいなぁ。
想像ばかりが膨らみます。
今夜はどんな稽古と顔ぶれが待っているやら非常に楽しみ!







こんにちは、のとえみです。

今日6月22日は我らがえみてん主宰、天神さんのお誕生日ですよ~
そんな天神さんの37歳最後の姿を撮った写真がこちら。
P_20190621_204344のコピー
和室、長机......ということで、文豪を意識しているようです。(笑)


そんなえみてん、机の上を見て貰ってもわかるように、紙が沢山あります!!久しぶりにこんなに紙を広げました(笑)う~ん、昨年のえみてん公演「うそつき」以来かも...。
P_20190621_204421_BFのコピー
一体この紙は何用なのか!?次の公演の打合せ資料なのか、なにかの台本なのか、はたまた天神さんへのお誕生日メッセージ(ファンレター)なのか....みなさんはいかが想像されますでしょうか。
まぁ、いつものファミレスではない、というところから予想がついている気がしますが......。

とにかくこの後、のとえみは己の引き出しを開けて、昔のアレやコレを引っ張り出し、はぁ~、あれかぁ...(遠い目)なんて思ったりしました。個人的には結構しんどいですが、お芝居をする、というのは本当に面白くてワクワクして、自分の足りないところをたくさん知ることができるものだなぁと思いました。

えみてんの活動地味期間ですが、このひとつひとつが面白いに繋がっていくと信じて進んでいきましょうね!

こんにちは、のとえみです。

先日このふたりが集まったよ~~~!
P_20190610_200430_BFのコピー
元々ふたりしかいないけどね!!!

今回はちょっと決めたいな~と思うことがあったり、来年、2020年公演するとか言っちゃったけど、スケジュールどうするの??!みたいな話を中心に進めましたよ。
公演だけでなく、決めたり、相談しないとな~ということもあったので、時間いっぱいまで実は真面目に打ち合わせをしていました!(珍しい!)まだまだ詰める部分が沢山あるので、打ち合わせは今後も続行です。

みなさんにお届けできる時期が来たら嬉しいな~と思っています...!

↑このページのトップヘ