カテゴリ:なんか面白いことをする記事 > 周遊の旅に出た話

先日、またしても富山アマチュア演劇界の若手を無理や...丁重にお誘いして、えみてんweb企画「Dramatic Talking」にご協力いただきました!

D4PJE1_VUAA0CNg.jpg largeのコピー


季節的にも、何かを始めたくなるような季節。新生活が始まって1ヶ月の方、新しことを始めてみようかなと思う方、そんな方の選択肢に「演劇」があればいいなと思い、彼らにお声を掛けさせていただきました。
対談終了後も色々話をして、かなり充実した時間でした!おふたり、ありがとうございます!

ゆるゆると編集して皆様に読んでいただけるようにしたいと思いますので、ぜひぜひ楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです!
また、のとえみと観劇作品や演劇について対談してみたいという方がおられたらお声かけ頂いてもOKです。

今後の観劇予定
・6月 ZAN-Project『Like dorocy』(福井県)
・7月 松尾スズキプロデュース 東京成人演劇部vol.1『命、ギガ長ス』 (富山・オーバードホール)
・7月下旬 劇団すばる『Check it out』(砺波)
今年は金沢の演劇も観に行きたいですね...!

その他、のとえみがこの方に話を聴いてみたい、こんなテーマならあの方に話を聴いてみたい、という感じでお声を掛けさせていただいております。もしご都合があいましたら一緒に対談をしていただけたら嬉しいです!


こんにちは、のとえみです。

今年はえみてんの公演がないと思うと、比較的ゆっくりと毎日が過ごせています。公演がない、ということは、みなさんにお届けできることが非常に少なくなる...!ということ。他の劇団さんに出演させていただけるとか、客演に呼んでいただけるとか、そういった努力も必要ですね!

しかし、周りを頼っていてばかりではいけない!と思っております。
面白いかどうかの基準は自分。だから、面白いことをしたかったら、自分から動くのベストなのです!

というわけで、演劇ムーブメントえみてんwebオリジナルコンテンツということで更新している、「Dramatic Talking」。昨年までは観劇後の感想戦のみを行っていましたが、今年は新たに、県内の演劇関係者の方にお話を聴きに行ったり、劇団さんにお話を聴きに行ったりという対談もできたらいいなと思っています。

P_20190114_200133_BFのコピー
楽しそうな天神さん!

そんな「Dramatic Talking」。
実は昨年結成された劇団さんの実態を探るべく、先日お話を聴きに行ってきました!県内に劇団が増える、演劇仲間が増えるっていうのは、規模がどれだけであれワクワクしますね。
えみてんが結成されて発表した時も、こんな風にワクワクしてもらえていたのかな~。だったら嬉しいです!

そんな「Dramatic Talking」は現在書き起こし作業中!これを編集して皆さんにお届けできるようにしていきますよ~。舞台公演以外の演劇の楽しみかた、どうぞお楽しみに。

1547472883973のコピー
向かって左から、メインでお話を聴かせてもらった土田君、その隣は劇団主宰の堀口くんです。この顔にピン!と来る人もいるかしら~!?

この記事はPart1Part2Part3からの続きとなっています。未読の方はぜひ最初からどうぞ!

さて、今回の稽古のクライマックス!?天神さんが密かに用意してきたテキストを使っての稽古です。

とある作品の冒頭シーンが書かれた台本。最初の方は割セリフとしてインポッシブルのメンバーさんに割り振っていきます。
IMG_7880i
「相手の台詞(前の人の台詞)を受けて、テンポを崩さず、相手の台詞の最後をとっていく感じで。」そんな感じの指示を出す天神さん。インポッシブルのメンバーさんは真剣に台本の台詞を見ていましたよ。

一度みんなで読んでみてからは、シンキングタイム!インポッシブルのメンバーさんで話し合って、このシーンをどう作るか考えてから発表です!
IMG_7880j
こじんまりとした円になって話し合うメンバーさんたち。短い時間ですが、それぞれから意見が出て、立ち位置や動きなどを決めていっていました。同じメンバーでお芝居をやっているからこその連携や進み方、という感じがしましたよ。
IMG_0333のコピー
インポッシブルのみなさんの話し合いの合間に台本を確認する天神さん。この日は本当に楽しそうでした!

そして、話し合いと練習が終わって発表へ!
IMG_7880k
短い時間でしたが、キャラクターを掴んで観ている方にも伝わるように演じているメンバーさんも!自分にあった表現やキャラクターの作り方をしている感じがしてとても好感を持ちました!
そして、天神さんの講評を真剣に聴く面々。
IMG_7880l
IMG_7880mのコピー
天神さんも熱が入ります。ここでのポイントは「呼吸」。呼吸をすることによって場の空気をつくったり、キャラクターを生かしたりという事を伝えていました。そのアドバイスを受けてもう一度。そして、このシーンでもキーポイントとなる難しい役を天神さんが演ってみることに。
IMG_7880nのコピー
スッと役に入る天神さんの雰囲気、いつ見てもいいですね!屋敷君はすかさず撮影!(笑)「呼吸」を意識しながらインポッシブルのメンバーさんももう一度同じシーンに挑戦。空気が少し変わっていたのに、気が付いていたでしょうか?
IMG_7880o
ついうっかり仲間に入っていくのとえみ。中村君のこの貫禄!ここは中村君の芝居を受けて、しっかり反応をするシーン。合唱部君(←ニックネームです)と反応を共有して、空気を作れていたでしょうか?

こうして、4時間という短い時間でしたが、基礎からテクニックまでぎゅうぎゅうに詰め込んだワークショップが終了しました!
IMG_7880p
インポッシブルのみなさんからは「参加して良かった!」という風に感想をいただきましたよ。インポッシブルさんのお芝居に生かせることが1つでもあったら嬉しいです!参加していただいてありがとうございました!






この記事はPart1Part2からの続きとなっています。未読の方はぜひ最初からどうぞ!

基礎練習を終えて、次はテキストを使った稽古です!
今回はとても実践的な内容だったなぁ~と思います。


屋敷君、インポッシブルのみなさんからのリクエストもあり、まずはインポッシブルさんの「ゴルフ烈伝 ハジメ」のワンシーンを使って稽古をしてみました。
IMG_7880f
冒頭のシーンを、インポッシブルのメンバーで。公演の時のオリジナルメンバーがそのままその役を演じる部分も。どれくらいのお芝居ができるのか、天神さんがじっくり観察.....とおもいきや...
IMG_7880g
自ら屋敷君のところに入って、そのままやって見せることに。
このシーンでは、登場の仕方、熱量、見栄を切るメリハリ、といったことを見せていました。

その続きのシーンは、事前に「えみてんのふたりでやってみたのを見たい」とリクエストをもらっていたところ。
IMG_7880h
このシーンでは、ふたりの掛け合い、相手の動きを見て自分がどうポジションに入るか、決めの台詞やポーズを出すまでの過程、などを中心に見てもらえたかな~と思います。

屋敷君からはここでも質問が!

屋敷「ふたりが背中合わせに自然になって立つところはどうやってそれをやったんですか?!」
のと「天神さんがセンター分けでこちらに背中を向けるように立ったので、合わせてわたしも立っただけだよ~」
天神「(^J^)」
のと「こうやって欲しいのかな~って観察して、合せたりとか。逆に、私がこうしたいなと思った時は、わかるように演ってみたりとか。」
天神「じゃあ、ここの台詞の時、次、こう...グッとなってパーンって感じで。」(突然演出が加わる)
屋敷「(・_・;)」
のと「こう、擬音?で演出を言われることが多いです。」
天神「でも大体わかるでしょ?」
屋敷「(・_・;)」
のと「グッとなって...」
天神「グッ、パーンって、後ろに....」
のと「あー、こんな感じの?(やってみる)
天神「そんな感じ」
※えみてんのふたりはぶっつけ本番であわせています。

軽く合わせてやってみて、その後天神さんの演出をちょこっと加えながら2回ほど演ってみました。見ていたインポッシブルのメンバーさんからは「おぉ~」という声と共に拍手が(笑)
緊張しましたが楽しかったです。

その後、同じシーンをのとえみと屋敷君で演らせていただきました!


その後、テキストを変えて、基礎的な読みやお芝居に。その様子は次回、お届けします!

この記事はPart1からの続きとなっています。未読の方はぜひ最初からどうぞ!

「のとえみと天神祐耶が会いに行くツアー」前置きはこのくらいにして、どんな風な稽古内容だったのかを見ていきましょう!


今回インポッシブルさんから参加してくれたのは5人。人見知りなシャイボーイ達ということで、まずは天神さんお得意の雑談から始まります。
IMG_7880のコピー
メンバーの名前(ニックネーム)を聴きながらひとりひとりの個性を見ている(はず)の天神さん。こういう所が上手いなぁといつも思います。のとえみは終始リラックス中。
IMG_7880a
こんな感じで天神さんの使用テキストにはメモ書き。「眼鏡の形で覚える」と言っていたので、メガネの形もしっかりメモ(笑)

こちらからの質問だけでなく、屋敷君からは特に色々な質問が。その質問に答えているのですが...

屋敷「えみてんさんはどんな感じで稽古を始めるんですか?!」
のと「まず...雑談に45分くらいはかかるね。(真顔)」
天神「1時間はまず雑談だね。(ニコニコ)」

屋敷「発声やストレッチなどはどんなことをされているんですか?!」
のと「やらないんだよね~」
天神「やらない。そういうのは稽古前にやってくる感じで。」

質問に答える度に屋敷君を困らせる結果に(汗)

ちなみに、雑談は稽古に入る前の役者さんのコンディションやテンションを確認するためのものですね。天神さんは稽古場の雰囲気とか役者のテンション作りを大事にしているので、多少時間がかかってもそこに時間を使います。そこで時間を使った分は、ギュッと稽古をする。「ギュッと」の部分に凝縮しているのですよ~。

発声やストレッチは、わたくし、のとが勝手に稽古前にやったり、雑談をしながらやったりしています。発声は人によって苦手な所、やり方が違うので、その人に合ったものをやった方がいいというのが個人的な思いです。同じことをやっても、全員がそれで伸びたり改善するわけではありません。

まず自分の得意、不得意を知ること。そして、それに対して効果的な方法を知ること、実践するということで良いのではないかなと思います。


そしていつもより短めの雑談タイムが終わったところで、インポッシブルさんが、いつもやっている基礎練習をやってくれることに。それを見て、えみてんのふたりがそれぞれの視点から次のステップを教えます。

天神さんからは「意識の分散」を主とした基礎練習。
IMG_7880b
右手と左手が別々の動き、そして言葉は言いにくい滑舌。同時に複数のことを行うので、意識が散漫になります。お芝居の中でも、自分は台詞を言っているけれど相手の事を見ていたり、舞台全体をみていたり。ひとつのことをしている様でも、意識は分散しています。それを意識してできるようにする練習です。
IMG_7880c
天神さんが学生時代にやった練習だそうで、とても懐かしそうにその光景を見ていましたよ。

次はのとえみが学生時代にみっちりとやった発声。
IMG_7880d
息を貯める場所、位置などを指摘。天神さんがすかさず全員をチェック。腹式の下っ腹を意識する人は多いですが、さらに横、後ろまで意識を行き届かせます。

そして体練を含めた発声。これを大学時代にやり続けたお蔭で今も割としっかり発声や重心、ストップはできているのではないかなぁと思います。今のサークル現役生まで伝わってるかなぁ。
IMG_7880e
片足を上げて、ひざ、足首の曲げ方は90度。手も垂直に耳の横、肩と同じ高さ。指先は反らない、力を抜いてまっすぐ爪の先まで意識する。そしてひざを曲げて腰を落とす。この状態で50音スタッカート!

意識の分散をしつつ、重心バランス、楽な声の出し方(辛い体勢や疲れていると身体は楽に声を出そうとするのですよね)の感覚を養う発声体練ですね。


基礎が終わる頃にはみんな汗びっしょりでした。全力でやるからこそですね。


次回の記事では稽古の中身に入って行きます。インポッシブルのみんなはついてこられたかな?!



↑このページのトップヘ