カテゴリ: メンバーのあれこれ

いつの間にか2020年も3月にはいってました。
こんにちは、天神です。

2020年といえば、うそつきの時に私が次回は2020年を予定しておりますとか宣言していたわけですが、今のところ公演予定はありません。

というのも我々えみてん、富山出身の俳優、西村まさ彦さんが主催するW.V.A 西村まさ彦表現研究所にて、演技講師を務めています。

一期生のオーディションに合格し、これから俳優を目指し学びにきている受講生たちを相手に講師として奮闘の日々を過ごしております。
芝居や演劇を教えるという事は非常に奥深く難しいものですね。一方的にならず、モチベーションを下げさせず、一つ一つ成長を感じさせていかなくてはならない。教えている側も伝える方法を確立し言葉として伝えなくてはいけないわけです。
曖昧な言葉は本当に伝わらないから、自身の持つ知識を整理して、新しい知識を入れる。毎日が勉強です。
えみてん公演を我慢する事に大変ストレスを感じることは勿論ありますが、この1年が我々を1つ上の段階に押し上げ、次回公演に活かせることを信じています。

今世間は大変なことになっていますね。演劇界も、充分な煽りを受けていると感じます。毎日SNSやネットニュースを見ているとほんとに憂鬱な気分になります。相次ぐ公演中止、世間の演劇への考え方、毎日いろんな情報が入ってきます。
誰が悪いわけではないですが、責任を問うならば根本的な別の場所にあると思います。
なんだかうまいこと言えないですけど。

今、考えてる事はたっくさんある。でもそれを表に出さない憂鬱。一個だけ、表に出すならば今起きている事も糧にしてこれからも演劇やるしかないんじゃないですかね。
絶対的に仕方がない事ってあるとおもうからさ。





こんにちは、のとえみです。

P_20190810_180406_BFのコピー
2月に天神さんが客演された、劇団P.O.D.さんの公演を観劇してきました。高校演劇生にも人気の高い、柿喰う客、中屋敷さんの作品です。
中屋敷さんの演出は、独特の台詞まわしと身体を使った表現が特徴的です。「無差別」は、その2つがそこまで前面に出ていないような印象ですが、それをどう自分たち流に、等身大に演出して仕上げるか、というところがポイントなのかなぁと思います。

最初のシーンから、身体が動く動く!わー!これは本当に練習量が結構あったんじゃないかな~!くらいとても気持ちよく観られました!独特の雰囲気も作りつつ、役者さんたちが出来ないことにも果敢に挑戦しようというテンションやモチベーションが感じられて、とても好感が持てる舞台でした。

扱っている内容や重みはなかなか十分に表現できていたとは言い切れませんが、とても作品を観やすく最後まで、丁寧に作られているなと感じました。P.O.D.さんの新しい可能性がとても感じられて面白かったです。

P_20190810_180406_BF2のコピー
今回はわたしのお気に入り、人之子の狗を演じられた大野さんとお写真を撮っていただきました...!狗のポーズで!!なんだかわたしがアホ顔に見えるけどきのせいだよ!!そして、撮影はなんと、きのこの......(笑)とてもレアな1枚になりました。ありがとうございました(笑)

1年に2回公演を打つのはとても大変ですが、これだけのものを年2回作られるP.O.D.さん、パワーとモチベーションがとてもいい劇団さんになられたなと最近感じています。観劇されて演劇をやってみたいなと思う方が増えてくれたら嬉しいです!


そして、そろそろ私も演劇っぽいことやらなきゃいけないよね~(笑)と思っていますよ☆どうなるかわかりませんが、もしよければ、私と、そして素敵なメンバーとお芝居してくださいね。


こんにちは、のとえみです。

梅雨なのか夏なのかお天気のご機嫌がなかなか難しい今年。そんな空模様ですが、県内のアマチュア劇団さんの公演は気合十分!みなさんの熱気が伝わってくるブログやtwitterの投稿を見かけます。

7月と言えば、劇団すばるさんの公演がお馴染みです。今年も無事に観劇することができました。
P_20190720_205405_BF-2
このホワイトボード、沢山書き込みがあって、チラッとみただけでもとても楽しい!

初めてすばるさんを観劇した!という知り合いがいたのですが、すばるさんの動員の多さに驚いておられると同時に、羨ましいですん~という風に話しておられました。毎回細部までこだわったお芝居の作りこみをされるすばるさん。そういった部分にもみられるこだわりやクオリティをあげようという意識が、お客様の動員に繋がっているんだろうなぁといつも思います。


そんなすばるさんの今年の上演作品は「CHECK IT OUT」。
「これカッコいいじゃん!」という意味(当日パンフレットより)の言葉通り、スタイリッシュで遊び心があふれる作品だな~と思いました。演出をされた麻保良さんの思い入れのある作品だそうで、わかりやすく、観やすく伝えようという演出が随所に見られました。

1950年代初期のアメリカニューヨークが舞台のこの作品。そうなると、もちろん登場人物も海外の人々で、わかりやすいお芝居であったり、私たちの想像の中にあるイメージを上手く演出として使いながら、作品の世界へ入りやすくしてくれていたのが印象的でした。客入れからもそれが感じられて、お客さんを楽しませよう、サービスしようというところがよかったと思いました!!

また、衣装もとても素敵で、世界観がとても分かりやすかったし、めちゃくちゃ可愛かったです!!(ダンサーさんのお衣装めっちゃ着たい!!!)お芝居だけでなく、衣装やヘアメイクへのこだわりが感じられて素敵でした。照明もとてもよい雰囲気が出ていたなぁ~と思いました。夜のシーンや、番組のオープニングの明かりが特に印象的でした。シーンを役者さんと一緒に作っている、というような雰囲気がして好きでした。

舞台が海外だから、ではないですが、台詞を「自分のものにする」ということについて観た後考えさせられました。これは登場人物が海外の人でも、そうでなくても、なかなか難しいことだと思います。しゃべりや表現の仕方が違っても、「自分の言葉で台詞を話す」という根底の部分は変わらないと思います。ここがどうだったか、で、キャラクターの魅力や共感できるかどうか、というところに違いが出たかなぁと思いました。

P_20190720_205233のコピー
そして終演後にはアノ!!!オーディションで見事ダンサーに選ばれたあの方と!!超大物女優さんとお写真を撮っていただけました~!この背景めっちゃ素敵ですよね?あぁ~あのクソマズそうな(褒め言葉)クッキー持っていなかったのが悔やまれます!(笑)
SNS掲載OKいただいてありがとうございました><


さて、来月は2月に公演を終えたばかりの劇団P.O.D.さんの公演がありますよ~。私も都合をつけて行きたいと思います...!


こんにちは、のとえみです。

今年はえみてんの公演が無いことだし、前々からやりたかったけれどできなかったことをやっていくぞ~!と思っておりました。今年に入ってから、少しずつ録って、整音していたボイスサンプルが、ようやくまとまった数になったので公開いたしました。

P_20190503_151630のコピー
ボイスサンプル、大学生の時に録ったのが初めてです。それから、時間が取れたら録り直したり、養成所で録ったり、オーディション用に録ったり、舞台をはじめてから録ったり、地元に戻ってきてから録ったり...と、もう何度もつくっています。

舞台は舞台の難しさがあるんだけれど、マイク収録のお芝居はまたこれはこれで難しいです。ボイスサンプルのいいところは納得がいくまで録れたり、昔のサンプルと聴き比べたりできることです。
1発で納得のいくものがとれることもあるし、何十回録っても決まらないこともあります。今回も1回しかとっていないサンプルが実はあります。(それまでに何度か練習したりはしていますが。)お芝居は良くても、ノイズが入ったり、マイクを吹いてしまって「ボフッ」っていう音が入ったらNGっていうのも、マイクならではのことです。

昔よりは、細かいニュアンスのつけ方や、語尾の1文字の変化のさせ方、キャラクターの持たせ方に幅が出てきたかなぁと思います。息を使ったり、息の混ぜ方でキャラクターに余裕を持たせたり、っていうのも何となくできるようになってきました。

そうそう、今回は初の試み!ということで、「同じ文章を違うキャラクターで演じる」というサンプルをいくつか録りました。同じ文章だからこそ違いがわかるというか、面白いかなぁと思います。

のとえみの舞台のお芝居を見ている人は、舞台だったらできないキャラクターっていうのも混ざっているので、そういう所は面白いと思ってもらえるかもしれません。あの見た目や身長だったら、このキャラクターは成立させられないかもなぁ~というのも、ボイスサンプル、声だけだからこそできることだなと思います。

ボイスサンプルを聴いて興味を持ってもらえたり、この声を使って作品をつくりたい、作品に使ってみたいと思ってもらって、それが実現したらとても嬉しいです。


ボイスサンプルは「メニュー」→「天神祐耶×のとえみ」→一番下の「音声マーク」のアイコンをクリックで特設サイトへ行けます。

こんにちは、のとえみです。

明日、31日大晦日なのですが、ギリギリまで“何か”をする予定なので、ゆっくりブログにメッセ―ジを残せるのも今日くらいです。そんなわけで、今年は新年のご挨拶メッセージかなと思っていたのですが、昨年末にしっかり締めのブログを書いていたので、こりゃまずいと思って書くことにしました(笑)

2017年ありがとうございました!
http://emtn.blog.jp/archives/6216338.html


2018-10-28 07.15.42 1のコピー
2018年は何はともあれ、えみてんの初公演に尽きるんじゃないかなぁと思います。
それまで、劇団フロンティアさんで公演はしていたけれど、団体さんの力を借りてお芝居を作るだけでした。

ですが、えみてんは劇場を選ぶところから、作品をつくり、役者さんにお声を掛けて、私たちと私たちの作品を観に来てもらうためにお客様に発信する。最初から最後まで、演劇ムーブメントえみてんというユニットがユニットの力で演劇をつくるという重みがありました。
それをひとつ終えて、公演前の私たちとはもう別の私たちになっているんだろうなぁと思っています。

IMG_5218のコピー
2017年は始まりだったけれど、2018年は動き出した、という感じがします。
公演は終わったけれど、それは終わりではなくてようやく始まって動き始めた、一歩目だなって思います。
2017年に始まった繋がりや、意識や、周りとの関係や、環境。それがあって、少しずつ繋がり始めて動き出した、という感じがします。

IMG_3683☆
ユニットとしてもそうだし、私個人としても、昔のご縁や繋がりで観に来てくれたお客様が居て、本当に本当に今年はそれが嬉しかったです。ちょっとしたきっかけで、観に来てくれる。演劇に対して、私の活動に対して反応してくれる素敵な人たちが周りにいるんだなって思いました。
きっと来年2019年も、そういったご縁が沢山あって欲しいと思うし、ご縁に繋がる行動ができればいいなって思っています。



↑このページのトップヘ