こんにちは、のとえみです。
沢山の方に支えられ、ご来場いただいた舞台、「うそつき」。その舞台裏を少しずつですがお届していこうと思います。まずは、お客様からも評判の良かった『舞台セット』です。


こちらは、新進気鋭の舞台セット製作工房、『計る工房』の天神職人がつくってくれました!(笑)
キャッチコピーは「木材から未来まで、何でも計る工房」。

P_20181125_160214のコピー
オフの日だけでなく、稽古の合間や後も少しずつ作業を進めていた天神さん。こうやってみると、めっちゃ孤独な作業に見えます。(実際孤独です)

1543150312380のコピー
「できたー!」って感じで、度々、出来上がったセットの画像が送られてきていました。(かわいい)

そんな舞台セットを実際に組み上げるのは、小屋入りしてから。小屋入り初日は平日ということもあって、少ない人で舞台セットを組んで、照明を吊り込んでいきました。
1544437901212のコピー
黙々と天神さんがパネルを立てていきます。
1544437897600のコピー
舞台中央にあった、「カルタゴ・ノヴァ」の看板。こちらの看板についてはまた別の記事で。
1544437892645のコピー
定期的に、サポートメンバーの能登くんから、仕込みの様子の写真と進捗状況が送られてきていました。午前中は順調だったようで一安心。天神さんも「いい感じ」という進捗のお返事が。

そして客演のおふたりが小屋入りする頃にはこんな感じに!
P_20181206_215209のコピー
P_20181206_220857のコピー
珍しいツーショット(笑)

割とゆるめの作りということで、力を加えると倒れるという舞台セット(笑)「計る工房」からもそのような諸注意があり、本番は「よりかかっているけれど、実は力を加えていない」というお芝居をしているシーンも。

これで完成!と思いきや、計る工房から衝撃的な一言が。
P_20181207_121735のコピー
「なんか、さみしいなぁ。……殺風景。」

この一言で、小道具・舞台美術班の黄兎図画工作に戦慄が走るッ!!!
というわけで、この舞台セットに、さらなる美術部分を追加することに!

次回、舞台美術・小道具編、「スランプのインテリア入門」。
お楽しみに......!