こんにちは、のとえみです。

芸術の秋も深まってきておりますが、みなさんいかが芸術してますか?わたしは、Amazonプライム会員なので、ちょっと時間が出来ると、映画を見ています。映画、洋画も邦画もアニメも好きなのですが、「これだったらDVD出てからにしようかな」「原作が好きすぎて観に行けない」「公開時期が終わっていた!」というようなことがあって、観ていない作品が沢山あるのです。

舞台をやっていて、今までに結構あったのが、

「◯◯っていう映画みたいな雰囲気にしたい。」
「あの映画見たことある?その◯◯さんっていう女優さんみたいな感じで。」
「◯◯っていう映画の××のシーンみたいな感じで。」

という演出さんからの言葉。
特に、映画の現場に行くと、映画が大好きで、沢山映画を見ている監督さんだったり、演出さんだったりすることが多いそうで、こういったことも良く言われるのだとか。

私は、年配の演出家さんから、古い映画を引用して言われたことがあって、自分は全然しらないんだなぁとお芝居を始めた頃から良く思っていました。

だから、今こうやって映画を見られる機会ができてとても嬉しいなぁ!と思っています。

P_20181105_215237のコピー
DSC_0005のコピー
ちなみに、天神さんも映画が好きで、古い時代の舞台作品をやるときには、参考に映画をおすすめしてくれることもあるんです......が........。

それよりも良く引用されるのが「ドラゴンボール」なので、天神演出を受けられる方は、ドラゴンボールを履修して来て下さいね!(笑)

いやマジで!(笑)ぜひ体験してほしい!(笑)

こんにちは、のとえみです。

今月は演劇の公演がいくつもあります!富山でも演劇三昧ができるこの季節。ぜひ「富山の演劇通!」になっちゃってくださいね。そんな素敵な公演にえみてん2018年公演のフライヤーを折り込みしていただきます。


えみてんに客演していただいている中島亮さんが代表をつとめる殺陣集団、桜舟剣遊会さんの舞台です。中島さんからちょくせつえみてんフライヤーを受け取れるチャンス!


そして同じく芸術創造センターのパーク祭で舞台をやられる、エスセナ・セニョリータさん。こちらの舞台にも折込をお願いしております!
今回は森南さんと中川さんの作品が舞台で見られます。お二方とも、独特の笑いやセンスを持っている方なので、それぞれの面白さがどう炸裂するのか気になる所です!


えみてん公演まで1ヶ月を切りまして、ご予約が少しずつ増えてきております。来て下さるみなさまが楽しんでくださる姿を想像して稽古に励んでいかないとな!と思っています。
ぜひ忘れない内にご予約、またはコラーレ、キャストからのチケットをお求めください!

1537191861452
=======================================
演劇ムーブメントえみてん 2018年公演
「うそつき」
作 広田淳一(アマヤドリ)
演出 天神祐耶

とある町のガソリンスタンド。
「カルタゴ・ノヴァ」と呼ばれるその店は
ナイルとスランプが営んでいる。
そこへ板垣という男が、ギーコを訪ねてやってくる。
しかし、ギーコは板垣という男は知っているが、
その男には見覚えがないという。

顔を見合わせる3人だが、
板垣を名乗る男は何事もないように日常に溶け込んできて......。

本当と嘘が絡み合う 90分の会話劇。

=======================================

◆公演日時
2018年

【プレビュー公演】※
12月7日(金)20:00

【一般公演】
12月8日(土)14:00
12月8日(土)19:00
12月9日(日)14:00

◎開演は開場の30分前、受付は60分前より
◎日時指定・全席自由
◎未就学児はご入場いただけません

※プレビュー公演については、公式web(emi-ten.com)をご参照ください。


◆キャスト
天神祐耶
のとえみ
中島亮(桜舟剣遊会)
槙(劇団すばる)

◆会 場
黒部市国際文化センターコラーレ
マルチホール
富山県黒部市三日市20
TEL 0765-57-1201

◆チケット
【プレビュー公演】
一般 1,000円
高校生以下 500円

【一般公演】
一般前売券 2,000円
一般当日券 2,500円
高校生以下 1,000円

◎プレビュー公演、高校生以下チケットはweb予約フォーム(emi-ten.com)からのみお申込みいただけます。

◎一般公演・一般チケットのみ半券をお持ちいただくと、500円引で観劇できます。
(高校生以下チケットはリピーター割の適応はありません。)
◎高校生以下のチケットについては当日受付にて学生証等の証明書をご提示ください。

◆予約フォーム
http://emiten.s17.valueserver.jp/emi-ten.com/ticket/

◆協力
劇団フロンティア
桜舟剣遊会
劇団すばる

◆後援
北日本新聞社
富山シティエフエム
新川コミュニティ放送
みらーれTV

◆SNS等
公式web emi-ten.com
Facebook https://www.facebook.com/move.emiten
Twitter https://twitter.com/emtntym
Blog http://emtn.blog.jp
Instagram https://www.instagram.com/engeki_movement_emiten

P_20181102_204300_BFのコピー
P_20181102_212445のコピー
この日の稽古は、槙ちゃんがお休み!

3人のシーンを稽古するはずでしたが......


この日したのは、
・スキーの話
(小学校、中学校のときのスキー練習会や合宿、スキーを始めた頃の話)
・自分の出演した舞台の映像持ってる?
(見たいから貸して!といっても貸してくれない人続出、など)
・野球の話
(プロ野球~少年野球をやっていた頃の話)
という、ほぼお芝居に関係ない話!(笑)

こういう日もあるよね。
でも、こんな雑談の時間も結構大事なんじゃないかな~って思います。あ、もちろん、このあと稽古もしましたよ。(ちょっとだけ)



こんにちは、のとえみです。
天神さんゲスト出演のP.O.D.キャスティングはお聴きいただけましたでしょうか?わたしは知っているお話が結構ありましたが、それでも面白く聴けてしまうのは、天神さんのトーク力でしょうか!?

そんなP.O.D.キャスティングを聴いていて、「あれ?もしかして、稽古場のこんな様子を知りたいのかな?」なんていう風に思ったことがあったので、今回はちょっと突っ込んだ演劇のお話をしてみようと思います。

P_20181023_210233のコピー
稽古で印象に残っているのは、最初の頃に天神さんが言っていた、「槙ちゃんは相手との掛け合いになると乗ってきて、お芝居が出てくる。お芝居には、自分でお芝居を考えて前に出すお芝居と、相手のおお芝居を受けて返すお芝居がある。槙ちゃんは後者のお芝居を受ける方が出すお芝居よりできてる。」というようなこと。

確かに稽古を見ていると、ひとりで演じる長い台詞よりも、誰かとの会話のシーンの方が、槙ちゃんからお芝居が自然に出ている感じがします!なるほどなぁ~と思って聴いていました。
槙ちゃんとのシーンは、槙ちゃんのお芝居を引き出せるように、「相手をどうしたいか」というのをいつもより意識して演じたいなと思いますね。


反対に、中島さんと同じシーンを演じる時は「私が受ける」お芝居が多いように感じています。
中島さんは自然な流れの中でリアクションを入れてきたりするので、自分が拾える瞬間があったらそれをすかさずキャッチ!私がお芝居をしている中でも、中島さんは私のお芝居の邪魔をせずにそれを生かした面白いことを良く試みているので、そういう部分を計算しつつ自分のお芝居を作ってみるのも面白いです。

私は自然に中島さんとリアクションをとりあって遊んでいることがあるのですが、稽古を見学に来たメンバーから、

「後ろでリアクションをとったりしているのは、演出さんから『それをやって』という風に言われてやっているの?」

と聞かれたことがありました。

ふっふっふ。

こういったリアクションは全てその場でつくっているお芝居です。特に事前に「こういったお芝居をしよう」と打ち合わせをしているわけでもありません。好きにやってみて、演出さんからNGがでたら演出に沿うように変えたり、やめたりするという感じです。

意外に思われるかも知れませんが、こういった台詞の無いときのお芝居を作るのは難しいです。お芝居をしているように自分は思っていても、観ている人からは棒立ちに見えることもあります。反対に、動きをつけすぎて、演出さんが本当に魅せたいものよりも、後ろの、目立たせたくない人が目立つことも避けなければいけないのですね。

こういう部分のお芝居も、立ち稽古が始まってからどんどん作って行っています。台詞を入れながら、台詞が入ったところで、こういったお芝居まで気を配って稽古をしていけるというのは、結構いい感じじゃないですか?


えみてんの「うそつき」稽古場、こんな役者さんと一緒に稽古をして、お芝居をつくっています!どんな形でお客様に作品をお届けできるのか...ぜひぜひ観にいらしてくださいね。


1537191861452
=======================================
演劇ムーブメントえみてん 2018年公演
「うそつき」
作 広田淳一(アマヤドリ)
演出 天神祐耶

とある町のガソリンスタンド。
「カルタゴ・ノヴァ」と呼ばれるその店は
ナイルとスランプが営んでいる。
そこへ板垣という男が、ギーコを訪ねてやってくる。
しかし、ギーコは板垣という男は知っているが、
その男には見覚えがないという。

顔を見合わせる3人だが、
板垣を名乗る男は何事もないように日常に溶け込んできて......。

本当と嘘が絡み合う 90分の会話劇。

=======================================

◆公演日時
2018年

【プレビュー公演】※
12月7日(金)20:00

【一般公演】
12月8日(土)14:00
12月8日(土)19:00
12月9日(日)14:00

◎開演は開場の30分前、受付は60分前より
◎日時指定・全席自由
◎未就学児はご入場いただけません

※プレビュー公演については、公式web(emi-ten.com)をご参照ください。


◆キャスト
天神祐耶
のとえみ
中島亮(桜舟剣遊会)
槙(劇団すばる)

◆会 場
黒部市国際文化センターコラーレ
マルチホール
富山県黒部市三日市20
TEL 0765-57-1201

◆チケット
【プレビュー公演】
一般 1,000円
高校生以下 500円

【一般公演】
一般前売券 2,000円
一般当日券 2,500円
高校生以下 1,000円

◎プレビュー公演、高校生以下チケットはweb予約フォーム(emi-ten.com)からのみお申込みいただけます。

◎一般公演・一般チケットのみ半券をお持ちいただくと、500円引で観劇できます。
(高校生以下チケットはリピーター割の適応はありません。)
◎高校生以下のチケットについては当日受付にて学生証等の証明書をご提示ください。

◆予約フォーム
http://emiten.s17.valueserver.jp/emi-ten.com/ticket/

◆協力
劇団フロンティア
桜舟剣遊会
劇団すばる

◆後援
北日本新聞社
富山シティエフエム
新川コミュニティ放送
みらーれTV

◆SNS等
公式web emi-ten.com
Facebook https://www.facebook.com/move.emiten
Twitter https://twitter.com/emtntym
Blog http://emtn.blog.jp
Instagram https://www.instagram.com/engeki_movement_emiten


劇団P.O.D.さんが配信しておられる、
「劇団P.O.D.キャスティング」にえみてん主宰の天神祐耶がゲスト出演しております。全2回配信の2回目です。

10月29日ネットラジオ配信 vol.431 天神祐耶さんに演劇ムーブメント「えみてん」をとことん聞く 2/2回!!
http://pod-world.jugem.jp/?eid=2385


今回は、天神さんが富山に戻ってきてからの演劇ストーリーが中心です。みなさんの良く知っている「天神祐耶」という役者さん、演出家さんの姿は、こちらの方が近いかもしれませんね。

みなさんの興味を引くのは、「えみてん」というユニットがどうしてできたのかな?という所かなと思います。そんなお話も出てきますよ~!これは必聴ですね。また、演出をされる天神さんがどんな感じなのか、「うそつき」の公演稽古場の進み具合ややっている内容も気になる方がいらっしゃるかもしれませんね。

ぜひこちらの放送を聴いて、天神ファンのお客さまとして公演にいらしてくださいね。もっとお話が聴きたい!というかたは、P.O.D.キャスティングさんへ、天神さんゲスト回希望のメールをお送りするのもいいかもしれないです!


1537191854255
=======================================
演劇ムーブメントえみてん 2018年公演
「うそつき」
作 広田淳一(アマヤドリ)
演出 天神祐耶

とある町のガソリンスタンド。
「カルタゴ・ノヴァ」と呼ばれるその店は
ナイルとスランプが営んでいる。
そこへ板垣という男が、ギーコを訪ねてやってくる。
しかし、ギーコは板垣という男は知っているが、
その男には見覚えがないという。

顔を見合わせる3人だが、
板垣を名乗る男は何事もないように日常に溶け込んできて......。

本当と嘘が絡み合う 90分の会話劇。

=======================================

◆公演日時
2018年

【プレビュー公演】※
12月7日(金)20:00

【一般公演】
12月8日(土)14:00
12月8日(土)19:00
12月9日(日)14:00

◎開演は開場の30分前、受付は60分前より
◎日時指定・全席自由
◎未就学児はご入場いただけません

※プレビュー公演については、公式web(emi-ten.com)をご参照ください。


◆キャスト
天神祐耶
のとえみ
中島亮(桜舟剣遊会)
槙(劇団すばる)

◆会 場
黒部市国際文化センターコラーレ
マルチホール
富山県黒部市三日市20
TEL 0765-57-1201

◆チケット
【プレビュー公演】
一般 1,000円
高校生以下 500円

【一般公演】
一般前売券 2,000円
一般当日券 2,500円
高校生以下 1,000円

◎プレビュー公演、高校生以下チケットはweb予約フォーム(emi-ten.com)からのみお申込みいただけます。

◎一般公演・一般チケットのみ半券をお持ちいただくと、500円引で観劇できます。
(高校生以下チケットはリピーター割の適応はありません。)
◎高校生以下のチケットについては当日受付にて学生証等の証明書をご提示ください。

◆予約フォーム
http://emiten.s17.valueserver.jp/emi-ten.com/ticket/

◆協力
劇団フロンティア
桜舟剣遊会
劇団すばる

◆後援
北日本新聞社
富山シティエフエム
新川コミュニティ放送
みらーれTV

◆SNS等
公式web emi-ten.com
Facebook https://www.facebook.com/move.emiten
Twitter https://twitter.com/emtntym
Blog http://emtn.blog.jp
Instagram https://www.instagram.com/engeki_movement_emiten


↑このページのトップヘ