前回のあらすじ
~小屋入りして舞台セットをたてた「計る工房」。美術部分の道具も置いて、これで完成かと思ったその矢先、工房の職人からのたった一言が天地を揺るがした!!!

「なんか、さみしいなぁ。……殺風景。」~


こんにちは、のとえみです。前回からの続きで、今回は舞台セットの舞台美術部分の裏話をお届けしようと思います。

小道具と舞台美術の一部は、「黄兎図画工作」の、のとえみが担当しました。この名前は、私が何か製作物をつくるときに使っている名前です。本当は「黄兎美術」という名前を名乗りたいのだけれど、技術的には「図画工作」レベルなので、黄兎図画工作と名乗っています。いつか美術になれるのを願いつつ!

さて、舞台セットは計る工房、その上に置くものや小道具は黄兎図画工作が担当しました。その時に、こんな感じでどうかな?というイメージボードを書いていたのですね。
IMG_0594のコピー
書いている時が実は一番楽しい。実際は舞台セットの作りが変わったり、前後の位置が違ったりして、まったくこの通り、というわけにはいきませんでしたが、これを頭の中に入れつつ、舞台美術を置いていきました。

当初、カウンターの上だけ準備していたのですが、計る工房から、「後ろの壁部分が殺風景だから、何かしたい」という希望がでてきたため、急遽準備をすることに。

のと 「この辺りに飾り棚とか?あったら物を飾れるかも」
天神 「ここに、一応板を渡すつもりでいるんですけど。」
中島 「それだったら、ここに板渡しちゃったほうがいいんじゃない?板ある?」
天神 「あります。」
(当ててみる)
天神 「ちょうどいいっすね。」
中島 「これ、色どうする?先に塗った方が楽。」
天神 「じゃあ、塗りましょう。ありますから、色。」
(色を塗りに行くふたり)

そしてプレビュー公演当日の午前中。
P_20181207_092911のコピー
前日に塗って乾かして置いた板を設置!
P_20181207_121743のコピー
ぶらぶらしていた槙ちゃんをスカウトして、紙を切ってもらいます。高橋ちゃんも周りでお手伝いをしてもらいつつ。
P_20181207_121720のコピー
中島さんにわがままをいって、色々取り付けてもらうのとえみ。
P_20181207_122523のコピー
P_20181207_174835のコピー
完成した舞台セットに近づいてきています!

ちなみにコンセプトは、「スランプが集めてきたり、持ってきたもの」。あくまでも、ナイルとスランプのお家で、スランプがカフェっぽくそれっぽいものを集めてきたんじゃないか、という感じをイメージしました。

そしてみなさまに見ていただいた舞台はこちら。
IMG_5818
照明がよりこのお家の雰囲気を出しているなぁ~と思います。

ギリギリまで美術を置くのに時間がかかってしまったり、急遽増やしたりして大変でしたが、私はこういう道具を探して来たりするのが結構好きなので、自分でこだわってつくれたのが本当に嬉しかったです。天神さんのイメージする通りのものは多分つくれなかったと思うけれど、コンセプトを持ちながらつくることができたかなと思います。

次回は、「見えない所にもこだわりを」ということで、舞台で使った小道具の裏話です。
こちらも黄兎図画工作の若干理解されない感じのこだわりをお楽しみください。


こんにちは、のとえみです。
沢山の方に支えられ、ご来場いただいた舞台、「うそつき」。その舞台裏を少しずつですがお届していこうと思います。まずは、お客様からも評判の良かった『舞台セット』です。


こちらは、新進気鋭の舞台セット製作工房、『計る工房』の天神職人がつくってくれました!(笑)
キャッチコピーは「木材から未来まで、何でも計る工房」。

P_20181125_160214のコピー
オフの日だけでなく、稽古の合間や後も少しずつ作業を進めていた天神さん。こうやってみると、めっちゃ孤独な作業に見えます。(実際孤独です)

1543150312380のコピー
「できたー!」って感じで、度々、出来上がったセットの画像が送られてきていました。(かわいい)

そんな舞台セットを実際に組み上げるのは、小屋入りしてから。小屋入り初日は平日ということもあって、少ない人で舞台セットを組んで、照明を吊り込んでいきました。
1544437901212のコピー
黙々と天神さんがパネルを立てていきます。
1544437897600のコピー
舞台中央にあった、「カルタゴ・ノヴァ」の看板。こちらの看板についてはまた別の記事で。
1544437892645のコピー
定期的に、サポートメンバーの能登くんから、仕込みの様子の写真と進捗状況が送られてきていました。午前中は順調だったようで一安心。天神さんも「いい感じ」という進捗のお返事が。

そして客演のおふたりが小屋入りする頃にはこんな感じに!
P_20181206_215209のコピー
P_20181206_220857のコピー
珍しいツーショット(笑)

割とゆるめの作りということで、力を加えると倒れるという舞台セット(笑)「計る工房」からもそのような諸注意があり、本番は「よりかかっているけれど、実は力を加えていない」というお芝居をしているシーンも。

これで完成!と思いきや、計る工房から衝撃的な一言が。
P_20181207_121735のコピー
「なんか、さみしいなぁ。……殺風景。」

この一言で、小道具・舞台美術班の黄兎図画工作に戦慄が走るッ!!!
というわけで、この舞台セットに、さらなる美術部分を追加することに!

次回、舞台美術・小道具編、「スランプのインテリア入門」。
お楽しみに......!

お蔭様で、演劇ムーブメントえみてん2018年公演「うそつき」の全公演日程を無事終了することが出来ました。

お天気が悪い日もある中、ご来場いただいたお客様、本当にありがとうございました。また、広告スポンサー様として応援して下さった団体様、企業様、力を貸して下さったスタッフさん、客演さん、えみてんサポートメンバーのみんなにも本当に感謝しております。

IMG_5835のコピー
IMG_5842のコピーIMG_0587のコピー

また、初公演にも関わらず、県内のアマチュア劇団さんを始め、役者仲間の方や、ファンの方からユニット宛に、沢山の差し入れをいただきました。(ユニット宛のみご紹介させていただき、御礼にかえさせていただきます。)

1544437958265のコピー
1544437958931のコピー
P_20181208_211205のコピー
P_20181208_155425のコピー
演人全開 血が滾ってきたぜ!様
劇団 血パンダ様
エスセナ・セニョリータ様
桜舟剣遊会様
劇団すばる様
劇団ふだい様
魔導演劇結社インポッシブル様

紋川様、石川様、柿本様、佐藤様、北崎様、光田様、広瀬様、岸本様、坂東様、森岡様(受付順)

本当にどうもありがとうございました。


次回公演は(天神さん曰く)2年後、2020年頃という話がありました!(笑)それまで、みなさんに忘れられないように活動もしながら、公演に向けて進んでいきたいと思っています。

えみてんは色々な演劇作品を上演していきたいと思っております!どんな作品が自分は好きなのかな?というのもえみてんの公演を通してお客さまに気づいていただくきっかけになったら嬉しいなぁと思います。

ぜひ次回公演もよろしくお願いいたします。


演劇ムーブメントえみてん




こんにちは、のとえみです。

本日は、ゲネプロを観ていただく、「プレビュー公演」でした。開演直前まで、役者がチェックをしたり、スタッフさんが調整をしていたり、役者が受付を対応していたり(笑)。いつもはお客さまが客席に入る前に済ませていることなのですが、それもまるごとお見せしてからの公演でした。ちょっと裏側を垣間見られる感じで、面白く感じられたかたもいらっしゃったらいいなぁと思います。

P_20181206_215209のコピー
今回は(完成前ですが)舞台セットもSNSで公演前から公開していくスタイル!

P_20181207_151753のコピー
プレビュー公演前の通し稽古から。照明が入ると全然違いますよね。

P_20181207_221610_BFのコピー
当日受付にお手伝いで入って下さっている、柿本さん(劇団フロンティアさん)からの「みたらし団子」を食べながら終演後のミーティング。みんなもぐもぐしてる......。


プレビュー公演ではありましたが、お客さまがとてもとても集中して見て下さっていて、客席も舞台も一体感のある緊張感でしたよ。お客様の集中力に大分助けられました。

さて、明日のお客さまは一体どんな空気を私たちと共有して下さるのでしょうか!楽しみにお待ちしております。


1537191867166
=======================================
演劇ムーブメントえみてん 2018年公演
「うそつき」
作 広田淳一(アマヤドリ)
演出 天神祐耶

とある町のガソリンスタンド。
「カルタゴ・ノヴァ」と呼ばれるその店は
ナイルとスランプが営んでいる。
そこへ板垣という男が、ギーコを訪ねてやってくる。
しかし、ギーコは板垣という男は知っているが、
その男には見覚えがないという。

顔を見合わせる3人だが、
板垣を名乗る男は何事もないように日常に溶け込んできて......。

本当と嘘が絡み合う、約100分の会話劇。

=======================================

◆公演日時
2018年
【一般公演】
12月8日(土)14:00・・・△残りわずか
12月8日(土)19:00・・・▲残り3席
12月9日(日)14:00・・・▲残り9席


◎開演は開場の30分前、受付は60分前より
◎日時指定・全席自由
◎未就学児はご入場いただけません
◎上演時間は100分前後を予定しております

◆キャスト
天神祐耶
のとえみ
中島亮(桜舟剣遊会)
槙(劇団すばる)

◆会 場
黒部市国際文化センターコラーレ
マルチホール
富山県黒部市三日市20
TEL 0765-57-1201

◆チケット
【一般公演】
一般前売券 2,000円
一般当日券 2,500円
高校生以下 1,000円

◎高校生以下チケットはweb予約フォーム(emi-ten.com)からのみお申込みいただけます。

◎一般公演・一般チケットのみ半券をお持ちいただくと、500円引で観劇できます。
(高校生以下チケットはリピーター割の適応はありません。)
◎高校生以下のチケットについては当日受付にて学生証等の証明書をご提示ください。

◆予約フォーム
http://emiten.s17.valueserver.jp/emi-ten.com/ticket/

◆協力
劇団フロンティア
桜舟剣遊会
劇団すばる

◆後援
北日本新聞社
富山シティエフエム
新川コミュニティ放送
みらーれTV

◆SNS等
公式web emi-ten.com
Facebook https://www.facebook.com/move.emiten
Twitter https://twitter.com/emtntym
Blog http://emtn.blog.jp
Instagram https://www.instagram.com/engeki_movement_emiten


今回でキャスト紹介もラスト!最後はもちろんこの方、演劇ムーブメントえみてんの、『てん』の方、天神祐耶さんです!

1542415949082のコピー
最初にキャストを決める時に、どの役者さんが参加してくれるかで自分のポジションも全然変わる、という風に思案していた天神さん。中島さんが客演をしてくれて、天神さんらしさ(普段とそんなに変わりません!という本人談)が前面にでたキャラクターになっていると思います。

1542415949614のコピー
力を抜いた、ニュートラルなお芝居が天神さんの持ち味だと思っているのですが、今回はこのキャストの中にいることで、それが更に引き立つ、又は周りのキャラクターを引き立たせる感じになっていると思います。天神さん演じるこのキャラクターに共感できるか、否か。それによっても見え方や感じ方が変わってくるかもしれません。


そして、この稽古場、スタッフとして音響は堀川綾香さん(劇団フロンティア、えみてんサポートメンバー)、照明に髙橋祐里香さん(桜舟剣遊会)に参加していただきます!

そんな髙橋さん、私がえみてんのキャスト紹介記事を書くのに悩んでいて助けを求めたところ、こんな風にえみてんの稽古場を感じたそうです。


全員が部活の仲間、というフラットな関係で見ているのが、この稽古場の面白い所で、雰囲気のいいところなんだろうな~と思いました。
また、サークルでも同好会でもなく、「部活」という、本気と遊び、楽しさが入り混じった場所というのがえみてんらしいなと思いましたよ。


そんなえみてんの公演、いよいよ明日、プレビュー公演です。半年近く稽古をしてきて、公演はたった4回。でも、この4回の公演に来て下さるお客様を楽しませるためにやってきて、ようやくお客様にお見せすることができます。お客様が来て下さって、作品を共有して下さって初めてこの舞台は完成します。

どうぞ、演劇ムーブメントえみてんの最初のお客様になってください。
おまちしています!!!

1537191867166

=======================================
演劇ムーブメントえみてん 2018年公演
「うそつき」
作 広田淳一(アマヤドリ)
演出 天神祐耶

とある町のガソリンスタンド。
「カルタゴ・ノヴァ」と呼ばれるその店は
ナイルとスランプが営んでいる。
そこへ板垣という男が、ギーコを訪ねてやってくる。
しかし、ギーコは板垣という男は知っているが、
その男には見覚えがないという。

顔を見合わせる3人だが、
板垣を名乗る男は何事もないように日常に溶け込んできて......。

本当と嘘が絡み合う、約90分の会話劇。

=======================================

◆公演日時
2018年

【プレビュー公演】※
12月7日(金)20:00
・・・完売しました


【一般公演】
12月8日(土)14:00・・・◯余裕あり
12月8日(土)19:00・・・◯余裕あり
12月9日(日)14:00・・・◯余裕あり


◎開演は開場の30分前、受付は60分前より
◎日時指定・全席自由
◎未就学児はご入場いただけません
◎上演時間は90~100分前後を予定しております

◆キャスト
天神祐耶
のとえみ
中島亮(桜舟剣遊会)
槙(劇団すばる)

◆会 場
黒部市国際文化センターコラーレ
マルチホール
富山県黒部市三日市20
TEL 0765-57-1201

◆チケット
【一般公演】
一般前売券 2,000円
一般当日券 2,500円
高校生以下 1,000円

◎高校生以下チケットはweb予約フォーム(emi-ten.com)からのみお申込みいただけます。

◎一般公演・一般チケットのみ半券をお持ちいただくと、500円引で観劇できます。
(高校生以下チケットはリピーター割の適応はありません。)
◎高校生以下のチケットについては当日受付にて学生証等の証明書をご提示ください。

◆予約フォーム
http://emiten.s17.valueserver.jp/emi-ten.com/ticket/

◆協力
劇団フロンティア
桜舟剣遊会
劇団すばる

◆後援
北日本新聞社
富山シティエフエム
新川コミュニティ放送
みらーれTV

◆SNS等
公式web emi-ten.com
Facebook https://www.facebook.com/move.emiten
Twitter https://twitter.com/emtntym
Blog http://emtn.blog.jp
Instagram https://www.instagram.com/engeki_movement_emiten



↑このページのトップヘ