こんにちは、のとえみです。

今年はえみてんの公演がないと思うと、比較的ゆっくりと毎日が過ごせています。公演がない、ということは、みなさんにお届けできることが非常に少なくなる...!ということ。他の劇団さんに出演させていただけるとか、客演に呼んでいただけるとか、そういった努力も必要ですね!

しかし、周りを頼っていてばかりではいけない!と思っております。
面白いかどうかの基準は自分。だから、面白いことをしたかったら、自分から動くのベストなのです!

というわけで、演劇ムーブメントえみてんwebオリジナルコンテンツということで更新している、「Dramatic Talking」。昨年までは観劇後の感想戦のみを行っていましたが、今年は新たに、県内の演劇関係者の方にお話を聴きに行ったり、劇団さんにお話を聴きに行ったりという対談もできたらいいなと思っています。

P_20190114_200133_BFのコピー
楽しそうな天神さん!

そんな「Dramatic Talking」。
実は昨年結成された劇団さんの実態を探るべく、先日お話を聴きに行ってきました!県内に劇団が増える、演劇仲間が増えるっていうのは、規模がどれだけであれワクワクしますね。
えみてんが結成されて発表した時も、こんな風にワクワクしてもらえていたのかな~。だったら嬉しいです!

そんな「Dramatic Talking」は現在書き起こし作業中!これを編集して皆さんにお届けできるようにしていきますよ~。舞台公演以外の演劇の楽しみかた、どうぞお楽しみに。

1547472883973のコピー
向かって左から、メインでお話を聴かせてもらった土田君、その隣は劇団主宰の堀口くんです。この顔にピン!と来る人もいるかしら~!?

P_20190114_144444_BFのコピー
P_20190114_144429のコピー
2019年の観劇始めは、富山大学の劇団ふだいさんの冬季公演、「まばたきの庭」になりました。毎年1月の半ばに冬季公演を行うふだいさん。私もこの冬季公演はできるだけ観に行くようにしています。やっぱり小劇場でのお芝居が好きなのです。

大学の劇団、ということで1年生~4年生までが関わる公演で、4年生は学生生活最後の公演になる人もいると思います。私は1年に1回くらいしか観ないのですが、1年前にみた役者さんがとても上達しているのを見るのがとても好きです。この1年頑張ったんだろうなぁとか、先輩が色々教えたのかなぁとか、その間の時間を感じると私もしっかりやろう!という気持ちにさせられます。

そんなふだいさんの舞台は、真っ白な舞台セットに白い樹、そして白い四角い箱。衣装も色分けがカラフルさを演出していつつも、ベースは白やベージュ。この異世界、不思議な世界観はとても引き込まれます。

作品はシンプルだけれども、想像力や演出で台詞以外を埋めることも必要な台本で、ちょっと難しいなという印象でした。ですが、演出さんと役者さんが同じ世界観を作ろうとしている、そのためにコミュニケーションや共有する時間を沢山使ったんだろうなぁというのを感じました。
この空気感や雰囲気は、演出さんのやりたい、という思いを役者さんが形にしたい、と思ってできたものなんだろうなと思いました。この空気を作れるのは本当にすごいと思いました。

舞台セットだけでなく、照明さんもどんな風に表現しようか考えて明かりを舞台に入れていたと思うし、音響さんも音楽だけでなく、コミカルな演出につながるようなものもあって面白かったです。

全員で舞台を作っている、共有しているというのがとても感じられる公演で、お客さんが沢山来てくださったのもわかるなぁと思いました。

学生さんなので、卒業後は演劇を辞める人も、富山から離れてしまう人もいると思います。また、富山に残って演劇をどうしようかなと思う人もいるかもしれません。そんな人たちが、また演劇を始めるきっかけや、続ける理由や、目標なんかになれるように私も全力で演劇に向かっていこう!と勇気をもらいました!

明けましておめでとうございます。のとえみです。

P_20181231_190444_BFのコピー
2018年の最後は、えみてん忘年会からのツイキャス配信(年の最後に急に新しいことをやり始める)、そしてえみてんサポートメンバーと一緒に初詣に行くという年越しをしました。

こちらは最初のテスト配信。

・えみてん2018年公演「うそつき」の裏話
・公演を終えての感想
・お客様から質問のあった、「プレビュー公演でのとえみが感極まっていた?」という疑問に対するのとえみからの残念な回答

などなどの30分です。
その後の年越し配信はこちら。


・2018年を振り返るふたり
・2019年の抱負など

ということで、年越しの前後を配信しております!

リアルタイムで見られなかった方も、アーカイブ動画として見られますので、お正月の暇な時間にBGM代わりとしていかがでしょうか?

定期的にツイキャス配信はできたらいいな~と思っているみたいなので、もしよければ
の「サポーター」という所に登録、またはお気に入りに入れておいていただけたら嬉しいです!
ぜひよろしくお願いします!


そして初詣!
P_20190101_005911_BFのコピー
えみてんふたりとも、おみくじは「小吉」!
中に入っている縁起物小物も同じ.....!
P_20181231_190444
なんていうか、狙ったかのように演劇をやっているふたりにあっているもので結構びっくりしました(笑)

今年はえみてんの公演は無い予定ですが、ツイキャスを始め、動画やブログなどでお届けできる機会を増やしたいなと思っています!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。




こんにちは、のとえみです。

明日、31日大晦日なのですが、ギリギリまで“何か”をする予定なので、ゆっくりブログにメッセ―ジを残せるのも今日くらいです。そんなわけで、今年は新年のご挨拶メッセージかなと思っていたのですが、昨年末にしっかり締めのブログを書いていたので、こりゃまずいと思って書くことにしました(笑)

2017年ありがとうございました!
http://emtn.blog.jp/archives/6216338.html


2018-10-28 07.15.42 1のコピー
2018年は何はともあれ、えみてんの初公演に尽きるんじゃないかなぁと思います。
それまで、劇団フロンティアさんで公演はしていたけれど、団体さんの力を借りてお芝居を作るだけでした。

ですが、えみてんは劇場を選ぶところから、作品をつくり、役者さんにお声を掛けて、私たちと私たちの作品を観に来てもらうためにお客様に発信する。最初から最後まで、演劇ムーブメントえみてんというユニットがユニットの力で演劇をつくるという重みがありました。
それをひとつ終えて、公演前の私たちとはもう別の私たちになっているんだろうなぁと思っています。

IMG_5218のコピー
2017年は始まりだったけれど、2018年は動き出した、という感じがします。
公演は終わったけれど、それは終わりではなくてようやく始まって動き始めた、一歩目だなって思います。
2017年に始まった繋がりや、意識や、周りとの関係や、環境。それがあって、少しずつ繋がり始めて動き出した、という感じがします。

IMG_3683☆
ユニットとしてもそうだし、私個人としても、昔のご縁や繋がりで観に来てくれたお客様が居て、本当に本当に今年はそれが嬉しかったです。ちょっとしたきっかけで、観に来てくれる。演劇に対して、私の活動に対して反応してくれる素敵な人たちが周りにいるんだなって思いました。
きっと来年2019年も、そういったご縁が沢山あって欲しいと思うし、ご縁に繋がる行動ができればいいなって思っています。



こんにちは、のとえみです。

初めてのえみてん公演も終わり、天神さんは客演として参加する劇団P.O.D.さんの公演の準備、私は所属の劇団フロンティアの2019年秋公演に向けての準備を始めております。
「個」の力を大事にする、集まった「個」の力を合わせて舞台を作る、そんなえみてんのコンセプトが見事に体現されているようなバラバラっぷりです(笑)

そんな忙しい年末ですが、私はやりっぱなし、投げっぱなし、フィードバック無し!改善無し!というのが、何というか仕事柄あまり好きではありません。(......いい職場と上司だと思います。。。)というわけで、病み上がりの天神さんを引っ張り出し(笑)、名目上「反省会」という雑談、ミーティングを開いてきました。

IMG_3683☆
今更だが、公開しそびれている写真を貼っておこう。

「反省会」というと堅苦しい感じになってしまうので、そうではなくて、雑談をしながら、どんなことを感じたか、考えたか、思ったか、次に何をしたいか、そのためには何が必要か、どう行動するか(具体的にいつ頃から動くか)、気になったことがあって次はこうしたい、どこへ向かって走るか、などなどをざっくばらんに話す感じです。
堅苦しくやると気負う2人なので、その辺はゆるく、でも中身は濃く、強く、という感じかもしれませんね。

結構密度のある話を沢山聴いたのですが、公演を終えて、より、天神さんの視野というか見ている世界はとても広いんだなぁというのを実感しました。だから私も広い視野を持とう、とかそういうことは思わなくて、そういう視野で零れ落ちてしまいそうな部分を見ていられたらいいなと思いました。

同じものが見える、見ている先の世界が描ける、共感できるっていうのはとても心地がよいと思います。それは同じ世界観や目指すものがあるのならば、確実に抑えておかなければならないことだっていうのも思います。その上で、天神さんと私は同じことができなくてもいい、という風に考えられるのがこのユニットのいいところだなって思っています。

「自分のこうしたい」を形にしたり、人に伝えるっていうのは勇気がいることだなって思います。それでも、一緒に舞台を作る中で、お芝居に対してだったり、スタッフワークに対してだったり、自分の「こうしたい」「こうしたら演出に、作品のためになる」ということを見せてくれながら舞台作りを一緒にしてくれる人たちと作品をつくれるっていうのは幸せだと思いました。そして、それができる場所にえみてんの公演や稽古場がなれたらいいなって、天神さんの話を聴きながら思いましたよ。


本当に今年は忙しかった...!けれども、まだ2日間も今年はあります!
今年のえみてん?まだ2日もあるから、ね。


↑このページのトップヘ